費用は安くはない

弁護士に債権回収を依頼する場合、着手金と成功報酬という大きく分けて2種類の費用を支払う必要があります。着手金というのは、債権回収のために行う行動に対する対価です。例えば、内容証明による督促状の送付などの法的な手続きです。

内容証明による督促状の送付くらいであれば弁護士ではなくても行うことは簡単かもしれませんが、より問題が複雑になってくると専門的な知識がないとうまく手続きが行えないこともあり得ます。また、一見すると便利に思えるような制度でも、結局は利用しにくいことやかえって自分にとって損失となることを招くようなものもあり、そうした段階では弁護士による介入が不可欠となるでしょう。

成功報酬については、債権を回収できた中から数パーセントを支払うことが普通です。しかし、政権の回収は実際にお金を返してもらう以前の、回収を約束させたという事実で成立してしまうこともあり、まだ1円も返済されていないうちから成功報酬を請求されることもあります。こうした点を事前に確認していないと新たなトラブルになってしまいますので、事前によく確認し、納得しておくことが必要といえるでしょう。特に弁護士の使う言葉の意味の定義をよく確認しておきましょう。